「人と犬がより良い関係を築くこと」を目指す

FREEWANのペット用品通販サイト

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

  • 2022年6月
    Flidsコラム 愛犬にとって良い"食生活"を

    毎日の食事は身体をつくる大切なもの。
    "食生活"という言葉がありますが、ワンちゃんにとって良い食生活とはどんなものでしょうか?
    忘れずにいたい、良い食生活を送るためのポイントをご紹介します!

    ①フードが身体に合っているか?

    成犬が一日にする平均的な便の回数は1~3回ほど。これよりあまりに回数が多かったり、便が緩い状態が続いている場合は今食べているフードが愛犬に合っていないかもしれません。健康的なうんちがでているか?を毎日確認してあげましょう。
    便以外では毛艶の変化や皮膚トラブルも目安となります。さらには年齢に合わせて運動量が変化したり、体調の変化で臓器機能が向上/低下することも。一生のなかで愛犬に合うフードは変化してくる可能性もありますから、定期的な健康チェックは必須です。その時々のワンちゃんに合うフードを選んであげましょう。

    ②美味しく食べられるか?

    人と同じように、食べることに大きな楽しみを感じるワンちゃんは多くいます。より美味しく食べるため、栄養をサポートするためのトッピングであればワンちゃんも喜んでくれるでしょう。毎日のご飯がより楽しみになるはずです。 ただ、フードを食べないことを理由にトッピングをコロコロ変えることは注意が必要です。自分が好きなものが出るまでご飯を食べないようになったり、糖分や塩分の濃いものでないと食べないようになってしまうケースも。あまりにトッピングを変えすぎると胃腸の負担になることも。
    まずはトッピングを除いたフードやご飯を美味しく食べてくれるかどうか?を意識してあげましょう。愛犬が好きそうなお肉を含んだフードを選んだり、少しふやかして匂いが立ち、美味しく食べてくれるのならそういったひと手間も良いかもしれませんね。

    ③環境整備

    私たちが食事するとき、ガヤガヤとした中で食べるご飯、静かな中で食べるご飯、良い音楽と照明のなかで食べるご飯・・・環境が変わるとご飯の時間の過ごし方も変わりますよね。
    ワンちゃんも同様に、食べるときの環境によってご飯を楽しめるかどうかが変わってきます。ご飯中のワンちゃんにはご飯に集中して楽しんでもらいたいもの。
    ですが、周りにおもちゃがあったり、大好きな家族が周りで活動していたりすると気が散って食事に集中できないこともあります。さらに、ご飯をずっと出しっぱなしにしてあるといつでも食べられる安心感からちょっと食べては残すをくり返し、毎回のご飯を楽しむことにはつながりません。
    ワンちゃんがご飯に集中して楽しめるよう、クレートやサークル、ゲージの中で食べる習慣をつけるとベター◎。サークルやゲージは閉じ込めたり罰をする場所ではなく、ワンちゃんにとって安心できる場所だと伝えることにも役立ちます。加えて、ご飯はそこで食べるという習慣がつけばワンちゃんのご飯時間と人のご飯時間を一緒にするのも良いポイント。人のご飯が欲しくて机の周りで待ったり、飛びついたりといった行動が出やすくなるのを予防して、人も犬もお互いのご飯に集中できますね。

    毎日の食事が身体をつくり、健やかな一生をつくるのは人も犬もおなじ。
    ワンちゃんにもご飯の時間を充実して楽しんで欲しいですね!ワンちゃんの"食生活"、一度意識してみてくださいね♬

    Flidsおすすめのフードはこちら▶▶▶
    BLISMIX

    犬のしつけ(ドッグトレーナー)・美容(トリマー)・健康(犬の管理栄養士)など幅広い分野のスペシャリストがプロの目でこだわったペットグッズ、犬用品、ペット用品はFlids(フライズ)まで。 トレーニンググッズ、犬のおやつ、トリーツ、犬のごはん、フード、安全対策グッズなどを扱っています。 関西・大阪で犬のしつけ(ドッグトレーニング)、犬の美容(トリミング)、犬とのお出かけ(ドッグラン・ドッグカフェ)を展開するFREEWAN(フリーワン)のオリジナルブランドです。

     
  • 2022年5月
    酸素補給水「WaterO ウォテロ」は、結局なぜ良いの? 掘り下げてみた

    日本初、愛犬・愛猫専用酸素補給水WaterO「ウォテロ」。
    昨今SNSで注目を浴び、飼い主さんたちより支持を集めているウォテロですが、同時に「ペットの飲み水になぜこだわらなくてはならないの?」といった声も聞こえます。

    大切な家族でありパートナーである愛犬・愛猫の健康にとってウォテロはどういいのか?
    当コラムで掘り下げてみたいと思います!

    1. 1.ウォテロとは?その特徴
    2. 2.なぜ"酸素"が重要なのか
    3. 3.飲み水は水道水じゃだめなの?
    4. 4.ウォテロ製造のこだわり
    5. 5.おすすめの飲ませ方
    6. 6.まとめると

    1 ウォテロとは? その特徴

    ウォテロとは、日本初愛犬・愛猫専用の酸素補給水。「水と酸素だけで作られているペットの体を想ったお水」なのだそうです。

    ちなみにWaterO ウォテロは「Water(お水)」と「O(酸素)」を組み合わせて作られた造語。だからOは大文字なんですね!

    ウォテロとは? その特徴

    そんなウォテロの大きな特徴はこの2つ!

    ★水をお皿に移しても、加熱しても、酸素が抜けない!

    "溶存酸素濃度 40ppm 以上&溶存酸素期間64ヶ月以上"。

    つまり非常に沢山の酸素が溶け込んでいるだけでなく、酸素が安定して水の中に含まれているということ!水分子で酸素分子を包み込みという特許技術で作られているため、開栓後でも酸素が64ヶ月安定しています。(アメリカの物質特許No.10913037)

    水をお皿に移しても酸素が抜けてしまわないのが◎。通常であれば3日程度はお皿に入れたままにしておいても 溶存酸素濃度はほとんど変わらないそう!ただ、衛生上の観点からはお水は毎日変えるのがベターでしょう。

    さらに加熱しても酸素が抜けないため、飲み水だけでなくごはんに使用しても大丈夫!

    ★腎臓に優しいミネラルフリー

    ウォテロは製造の過程でRO膜と呼ばれる特殊な膜に通すことでミネラル成分を全てカットしています。ミネラルフリーの純水に酸素を練り合わせる特殊技術で作られていて水と酸素だけだから、カロリーもゼロ。

    だからシニアのワンちゃん、ネコちゃんでも腎臓への負担などをかけることなく安心してあげることができますね。

    ウォテロとは? その特徴

    2 なぜ"酸素"が重要なのか

    「酸素」がミトコンドリアを活性化させる!?

    栄養、運動、定期検診の3つに気をつけている飼い主さんは多いですが、実は見落としがちな点が1つあります。

    それは「酸素不足の解消」。どれだけ栄養満点なご飯を与えていたとしても、酸素不足になっているとせっかくの栄養がムダになっているかもしれません。

    全身の細胞にある「ミトコンドリア」は、栄養と酸素を材料に生命エネルギーを作っています。栄養が足りていても酸素が足りていなければ、ミトコンドリアは十分な生命エネルギーを作ることが出来ません。「酸素不足の解消」が大切なパートナーの健康維持の鍵になっていることをぜひ知っておきましょう!

    これは人間も一緒です。エネルギーが身体に満ちていることが健康維持の大前提。エネルギーが満ちていると体温が維持され、臓器がしっかりと動き、酵素(こうそ)も分泌され、免疫も機能し、細胞分裂も行われ、抗酸化作用も維持されるなどなど、健康維持に直接的に繋がっていきます。

    なぜ酸素が重要なのか

    知らぬ間に「酸素不足」が進行!?

    「でも酸素って、空気中にたくさん含まれているから、わざわざお金を払ってまで酸素補給水なんか買わなくてもよいのでは?」

    正直、そう思ってしまいますよね。ただ、空気中に酸素が多くあるからといって身体の中にまでしっかりと酸素が入っているとは限らないのが注意したいところ。

    犬・猫は人間の約 4 倍の速度で老化すると言われています。いつまでも若く見える我が子も、気がつけば確実におじいちゃん・おばあちゃんに。臓器は確実に歳を取っていきます。ここで注目したいのが、肺です。

    肺は「身体に酸素を取り込む」という重要な役割を持っています。しかし、肺が老化すると、酸素を身体に取り込める絶対量が減ってしまうのです。空気中に酸素がたくさんあったとしても、肺が弱っていると、身体の中に酸素を十分に取り込めず、全身の細胞の隅々にまで酸素を送ることができなくなるのです。栄養面にどれだけ気をつけていたとしても、「酸素不足」になっているとせっかくの栄養がもったいないことに。パートナーの健康を守るためには、栄養と同時に「酸素」も補ってあげる必要があるのです。

    なぜ酸素が重要なのか

    3 飲み水は水道水じゃだめなの?

    知らぬ間にミネラルの取りすぎに

    約 90%の飼い主さまが水道水を与えているとも言われていますが、実は水道水にはリスクがあるので注意が必要です。

    水道水には、塩素やカルキ、マグネシウム、カルシウムといったミネラル成分が含まれています。市販のペットフード(総合栄養食)をしっかりと与えていれば、健康維持に必要なミネラルは十分摂取できているケースがほとんどですから、水道水によるミネラルの過剰摂取は腎臓に負担を掛け、腎臓病や尿路結石の原因になってしまうことも・・・。

    犬・猫の腎臓は人間に比べて処理能力が弱いです。若くて元気なうちは腎臓が元気なので問題が表面化しづらいかもしれませんが、もともと腎臓が弱い子や、シニア期になり始めている子は特に注意が必要です。今この瞬間から、大切なパートナーが毎日飲む 「お水」を見直してみませんか?

    飲み水は水道水じゃだめなの?

    4 ウォテロ製造のこだわり

    特許技術で産み出される安定した酸素水

    ウォテロは千葉県東金市にある工場で、特殊な製造装置を使って作られています。ウォテロをウォテロたらしめているものこそが、この特殊な「混合流体装置」。この装置でじっくり時間をかけて酸素と純水を練り合わせ、酸素分子を水分子で包み込むのだそう。

    そしてこの技術はアメリカで物質特許を取得!この特別な技術によってお皿に移しても加熱しても酸素が抜けない安定した酸素水となるんですね!すごいです。(アメリカの物質特許No.10913037)

    工場内では検品等徹底的な品質管理のもと、厳しい基準をクリアしたウォテロだけがお客様に届くので安心。

    また、可能な限り 「できたて」の ウォテロを愛犬・愛猫に飲ませてあげて欲しい、という想いから必要最小限の生産としているそうです。

    ウォテロ製造のこだわり

    5 おすすめの飲ませ方

    まずは生活の一部分から始めてみよう

    記載してきたとおり、ウォテロはお皿に移しても加熱しても酸素が抜けない酸素補給水。普段の飲み水を変えてあげるのでも、手作りごはんやスープに使用するのでもOK!サプリメントと一緒に摂取すると、栄養の吸収もよくなるのでオススメなのだそう。自動給水機やペットボトルに入れるなどしても物理的な刺激で酸素量が減ることはないので、安心して使えますね。

    ただ、愛犬・愛猫の飲み水すべてをウォテロに変えるにはお値段が・・・と気になりますよね。WaterOによれば、普段の飲み水の一部をウォテロに変えるのも効果的だそう!全部を変えるのはハードルが高いですが、一部なら取り入れやすいですね。

    そこでわたしたちFlids のおすすめは、朝イチのお水をウォテロに変えること!

    朝イチにお水と酸素を補給して、愛犬・愛猫に1日をスッキリ活動的に過ごしてもらいたいですね♫

    おすすめの飲ませ方

    ★Flidsおすすめ★

    朝イチのお水をウォテロに!20日間お試し3本セット ¥2,640(税込)

    ≪商品ページはこちら≫

    6 まとめると

    どんな栄養を摂取すれば健康でいられるか?という点に注目しがちですが、加齢によって身体が酸素不足になっているということは盲点でした! 酸素と栄養両方あってこそエネルギーが生まれるので、酸素は非常に大事な要素なのですね。

    加えて水道水は犬猫にとってミネラル過剰摂取となるリスクもあるため、酸素が補給できて、かつミネラルフリー&カロリーゼロのウォテロは非常に安心して与えることができるなと感じました。シニア期に入った愛犬・愛猫がいるご家庭に、プレゼントすると喜ばれそう♫

    さらにウォテロは特許技術を使った特別製法。安定した酸素が含まれているので、お皿にいれてあげたりご飯に使ってあげるなど、幅広い与え方に対応しているのが嬉しいです。日常に取り入れやすいですね!

    今回ウォテロを掘り下げるなかで折々に触れるのが、ウォテロスタッフの方の熱意でした。ウォテロ自体の魅力もさることながら、「大事なパートナーであり家族である愛犬・愛猫、すべてのペットたちにずっと元気でいて欲しい」という並々ならぬ想いもとても魅力的!ウォテロの発展から目が離せません。

    まとめると

    ★Flidsおすすめ★

    朝イチのお水をウォテロに!20日間お試し3本セット ¥2,640(税込)

    ≪商品ページはこちら≫

    引用・参照:WaterO公式サイト・WaterO飲ませ方BOOK

    犬のしつけ(ドッグトレーナー)・美容(トリマー)・健康(犬の管理栄養士)など幅広い分野のスペシャリストがプロの目でこだわったペットグッズ、犬用品、ペット用品はFlids(フライズ)まで。 トレーニンググッズ、犬のおやつ、トリーツ、犬のごはん、フード、安全対策グッズなどを扱っています。関西・大阪で犬のしつけ(ドッグトレーニング)、犬の美容(トリミング)、犬とのお出かけ(ドッグラン・ドッグカフェ)を展開するFREEWAN(フリーワン)のオリジナルブランドです。

  • 2022年4月
    愛犬とペットイベントに参加するときのマナーって?

    近年、愛犬同伴可能なイベントやペットイベントが増えてきましたね!
    これからの季節、屋外イベントがたくさん開催されますね!行こうと計画をされている方も多いのでは?

    イベント会場には小型犬から大型犬までたくさんのワンちゃんたちが集まります。また、イベントによっては来場者も様々。犬を飼っていない方、犬が苦手な方や、愛犬以外のワンちゃんは苦手という飼い主さんもおられます。
    愛犬と安全に&イベントをもっと楽しむために、飼い主さん&愛犬のマナーがとても大切です!今回はそんなイベント参加時の飼い主さんのマナーをご紹介します♪

    ①首輪(ハーネス)・リードを絶対につけましょう。

    イベント参加時に限りませんが、外出時は絶対につけましょう!特にイベント時は、聞き慣れない音、ニオイ、たくさんのワンちゃんなど日常と全く違う環境で、愛犬が予想外の動きをすることがあります。
    またカートに乗せている、バッグに入っている場合であっても、恐怖や興奮によって飛び出してしまうことがあります。カートやバッグに付属の首輪止めを、首輪に必ずつないでおきましょう。首輪止めがない場合もリードをつけて飼い主さんと離れないようにしておきましょう。

    ②ワンちゃんが動ける範囲はしっかりコントロールしましょう。

    ワンちゃんが自由に動ける範囲が広いと、その分トラブルに巻き込まれる可能性も多くなります。また、いくら愛犬が好意的で人懐っこくても、 知らない犬が駆け寄ってきたり飛びついたりされることが苦手な人・犬はたくさんいますので、配慮が必要です。

    ③トイレに必要なグッズを持参しましょう。

    トイレシーツ(マナーベルト)、ウンチ袋、ペットボトルに入れた水を持参しましょう。
    ペットイベントではワンちゃん用のトイレスペースが設けられていることもあります。専用のトイレスペースかトイレシーツの上でトイレができるよう、時間を見て愛犬にトイレを促してあげます。
    そして衛生面やニオイの問題から、汚れたトイレシーツや排泄物は飼い主さん自身で処理して自宅に持ち帰ります。専用のゴミ箱が設置されている場合は捨ててもOK!もし粗相した場合は汚れた場所を水で流せるよう、ペットボトルに入れたお水を準備しておきましょう。
    また、トイレトレーニングができていない場合やマーキング癖のある場合は、マナーベルトを着用しましょう。

    ④狂犬病、混合ワクチンを毎年接種しましょう。

    愛犬とのお出かけを楽しみたいなら必須です!たくさんのワンちゃんが集まる分、様々な病気感染のリスクも高まります。毎年動物病院で接種しましょう。 アレルギーや持病、年齢など事情があって打つことができない場合もあるので、その場合は獣医さんに一筆書いてもらっておくといいでしょう。イベントによってはその一筆があれば参加できますので、相談してみてくださいね。

    マナーのよい飼い主さんや愛犬が増えることで、愛犬とお出かけできる場所はもっと増えていくはずです。みんなで気持ちよく、楽しみましょう♫

    犬のしつけ(ドッグトレーナー)・美容(トリマー)・健康(犬の管理栄養士)など幅広い分野のスペシャリストがプロの目でこだわったペットグッズ、犬用品、ペット用品はFlids(フライズ)まで。 トレーニンググッズ、犬のおやつ、トリーツ、犬のごはん、フード、安全対策グッズなどを扱っています。大阪で犬のしつけ(ドッグトレーニング)、犬の美容(トリミング)、犬とのお出かけ(ドッグラン・ドッグカフェ)を展開するFREEWAN(フリーワン)のオリジナルブランドです。

    愛犬とペットイベントに参加するときのマナーって?
  • 2022年3月
    安全対策グッズ「おまもりくん」に新サイズ登場

    お散歩中、いつ何が起こるかわからないもの。
    聞き慣れない音や見慣れないモノ、嗅いだことのないニオイなど、ワンちゃんは人より敏感に感じとります。 「うちの子は大丈夫」と思っていても、愛犬がパニックを起こして突発的に予想外の動きをし、首輪が取れたりハーネスが抜けたりしまい、逃走、交通事故、通行人を噛んでしまうなどの事故があとを絶ちません。
    私たちは、そんな悲しい事故を1つでも防ぎたい思いをずっと抱えていました。

    Flids、そして、犬のスクールやサロンを展開するFlids運営会社FREEWANでは、外出中の愛犬の安全のために「ダブルロック」を推奨しています。「ダブルロック」とは、外出時に首輪とハーネスもしくは首輪2本を装着して万一に備えること。
    ただ、そのそれぞれにリードをつけると扱いづらいので、この「おまもりくん」で間を繋いでどちらかにリードをつければ、万一首輪かハーネスが1本抜けてしまっても愛犬が飼い主さんから離れてしまうことはありません。
    「愛犬の命 おまもりくん」はドッグトレーナーがプロの目線で企画・開発した愛犬の安全対策グッズです。安心に、快適に、愛犬とのお出かけを楽しみましょう!

    ●第三者検査機関による強度試験実施済み!

    Sサイズで10kg以下、Mサイズで20kg以下です。

    ●一般社団法人おいでや DOG 協会認定の安全対策グッズです!

    一般社団法人おいでや DOG 協会は、犬を飼う際のマナーの大切さを伝えていくことでより犬が受け入れられる社会を作り、人と犬の絆を深め、犬とお出かけ出来る場所や犬と参加で きるサービスを増やすことを目的として、ドッグトレーナーが協働で立ち上げた団体です。

    ●4月に価格が変わります!

    原材料のコスト上昇に伴い4月に値上げ予定です。いまがお得にゲットできるチャンス♫

    「愛犬の命 おまもりくん」商品詳細はこちら」▶▶▶

    ドッグトレーナーやトリマーなど犬のスペシャリストがプロの目でこだわったペットグッズ、犬用品、ペット用品はFlids(フライズ)まで。 トレーニンググッズ、犬のおやつ、トリーツ、犬のごはん、フードなどを扱っています。大阪で犬のしつけ(ドッグトレーニング)、犬の美容(トリミング)、犬とのお出かけ(ドッグラン)を展開するFREEWAN(フリーワン)のオリジナルブランドです。

    安全対策グッズ「おまもりくん」に新サイズ登場
  • 2022年2月
    おにくビッツにお試しミニサイズが新登場

    ご好評いただいている無添加おやつ「おにくビッツ」に、気軽にお試しいただける約半量のミニサイズが登場しました!

    一切の添加物・着色料を使用していないため安全安心にお楽しみいただけるだけでなく、その素材は産地の県にまでこだわっています。
    お肉をミンチした後、成形し乾燥。無着色製造のため色味にばらつきがありますが、素材の香りもしっかり楽しめます。
    トレーニングでも使用しやすい小粒サイズ(ビッツ)♪
    限定販売中の牛ホルモンのみちぎってあげるタイプです。

    バレンタインに愛犬へのおくりものとして。
    愛犬家のお知り合いへのギフトとしても最適です♫

    商品はこちらから

    「おにくビッツミニ 選べる2個セット」

    「おにくビッツミニ ぜんぶ詰め合わせ」

    おにくビッツ

    ドッグトレーナーやトリマーなど犬のスペシャリストがプロの目でこだわったペットグッズ、犬用品、ペット用品はFlids(フライズ)まで。 トレーニンググッズ、犬のおやつ、トリーツ、犬のごはん、フードなどを扱っています。大阪で犬のしつけ(ドッグトレーニング)、犬の美容(トリミング)、犬とのお出かけ(ドッグラン)を展開するFREEWAN(フリーワン)のオリジナルブランドです。

  • 2022年1月
    おにくビッツ

    愛犬に贈る無添加おやつ「おにくビッツ」はFlidsオリジナルの商品です。

    一切の添加物・着色料を使用していないため安全安心にお楽しみいただけるだけでなく、その素材は産地の県にまでこだわっています。
    お肉をミンチした後、成形し乾燥。無着色製造のため色味にばらつきがありますが、素材の香りもしっかり楽しめます。トレーニングでも使用しやすい小粒サイズ(ビッツ)♪

    ご用意は3種類。
    ベニソン:日本鹿(兵庫県)
    チキン:若鶏むね肉(兵庫県)
    フィッシュ:本マグロ(和歌山県)

    さらに、兵庫県産「牛ホルモン」を限定販売中!
    こちらはちぎってあげるタイプです♪在庫がなくなり次第販売終了となりますので気になる方はお早めにお試しください!

    Flidsのトリーツページへ

    ドッグトレーナーやトリマーなど犬のスペシャリストがプロの目でこだわったペットグッズ、犬用品、ペット用品はFlids(フライズ)まで。 トレーニンググッズ、犬のおやつ、トリーツ、犬のごはん、フードなどを扱っています。大阪で犬のしつけ(ドッグトレーニング)、犬の美容(トリミング)、犬とのお出かけ(ドッグラン)を展開するFREEWAN(フリーワン)のオリジナルブランドです。

    おにくビッツ
  • 2021年12月
    コロコロひもの

    Flidsオリジナルで販売している「コロコロひもの」

    人が食べる干物を本格製造する干物屋さんが、同じ製造方法でワンちゃんのために作った、リッチなトリーツです!
    素材は鮮度と国産中心にこだわり、それを干物に仕上げるので素材そのままを楽しめます。
    さらに、小麦粉などのつなぎを一切使わない無添加。そしてワンちゃんに美味しいサクサクの食感・香り・旨さを実現しています。
    見かけほど固くなく、小型犬でも歯が当たれば砕ける固さ。小さめカットだから、トレーニング、知育玩具、ノーズワークでも使いやすい♪

    犬のスクールFREEWAN店舗でも使用中、人気のトリーツです。
    ぜひお試しください!

    Flidsのトリーツページへ

    ドッグトレーナーやトリマーなど犬のスペシャリストがプロの目でこだわったペットグッズ、犬用品、ペット用品はFlids(フライズ)まで。 トレーニンググッズ、犬のおやつ、トリーツ、犬のごはん、フードなどを扱っています。大阪で犬のしつけ(ドッグトレーニング)、犬の美容(トリミング)、犬とのお出かけ(ドッグラン)を展開するFREEWAN(フリーワン)のオリジナルブランドです。

    コロコロひもの
  • 2021年11月
    キムラの布団でワンちゃんに心地よい睡眠と健康を

    京都の布団メーカー「株式会社キムラ」。
    日本で羽毛布団が広まる前から50年にわたって羽毛布団の製造を手がける老舗メーカーです。

    記念すべき50周年を迎えた2021年、ペット用寝具ブランド「kimura kyoto pedding」を立ち上げられました。私たちFlids(フライズ)も、コラボした商品を作っていただいています。
    どんなきっかけでワンちゃんの布団を作るようになったのか?
    ワンちゃんにお布団って必要?
    お布団作りのこだわりとは?

    気さくで笑顔のチャーミングな、株式会社キムラ代表の木村祥和さんに聞いてみました!

    「ワンちゃんのための羽毛布団商品ページはこちら」▶▶▶
    キムラの布団でワンちゃんに心地よい睡眠と健康を

    ●「愛犬に布団を取られる」お客様の声から生まれたワンちゃん用布団

    ーまずは50周年おめでとうございます!

    木村さん:
    ありがとうございます。

    ー「kimura kyoto pedding」を立ち上げられ、ワンちゃん用布団がYahoo!ニュースに掲載されるなど話題になっていますね! 人用のお布団を作ってこられた木村さんが、ワンちゃん用にお布団を作るきっかけは何かあったのでしょうか?

    木村さん:
    ブランドは、今年会社が50周年の記念だったこともあって新しく立ち上げたんですが、実はワンちゃん用布団は16年ほど作ってきた実績があるんです。

    16年前、人用布団を購入されたお客様から「飼っているゴールデンレトリーバーに寝ている間に布団を取られてなかなか眠れない」とご相談いただいたんです。そこで、そのワンちゃんが寝返りを打ってもはみ出ないサイズでワンちゃん用の羽毛布団を作りました。それがとても良かったと嬉しいお声を頂いて!ワンちゃんもお客様も、よく眠れるようになったと。それがワンちゃん用布団を作るきっかけです。

    キムラの布団でワンちゃんに心地よい睡眠と健康を

    ーお客様の声からワンちゃん用布団が生まれたんですね!

    木村さん:
    そうなんです。
    お布団を購入くださったお客様から嬉しいご連絡いただくことは結構あります。
    もちろん人用のお布団でも頂くんですが、こと愛犬のこととなると飼い主さんたちは熱を込めてメッセージをくださって!そういったお声を聞くとすっごく嬉しいですし、僕たちがお客様とその家族の健康や生活を支えているんだなと励みになりますね。

    そうして嬉しいお声をもらったのをきっかけに自分の愛犬にもお布団を作ってみて、他のお客様からのお声もまたたくさん頂戴して、16年積み上げてきたものが今の商品作りに活かされています。

    ーお客様からご連絡いただけるって本当に素敵ですね。具体的にはどんなお声があるんですか?みなさん、どうやって使っていらっしゃるんでしょうか。

    木村さん:
    よく眠るようになったとか、リラックスしてくれているなどですね。
    僕は睡眠って健康のためにとても重要だと考えています。質の良い睡眠があるから、次の日良い1日が過ごせる。飼い主さんとワンちゃんが1日でも多く、楽しく過ごしてくれているなら本当に嬉しいですね。
    使い方は様々で、クッション代わりにお布団を敷いてその上で眠ったり、ワンちゃんの上にかけたり、潜り込むのが好きな子にはお布団を丸めたりして使ってくださっていますよ。

    ●”布団が呼吸する”羽毛布団へのこだわり

    ー質の良い睡眠のために「羽毛布団」を選んだのはなぜですか?
    ワンちゃん用のクッションやベッドってよく聞くんですが、お布団、しかも羽毛布団ってなかなかないですよね。

    木村さん:
    羽毛布団のいいところは、「蒸れ」が少ないから質の良い睡眠が取れるところ。睡眠の一番の敵は「蒸れ」なんです。
    蒸れが起こるのは暑くなっているときですよね。布団の中に熱がこもって蒸れると、眠っている間に何度も寝返りを打って体勢を変えます。 そうすると眠りが浅くなってしまう。これは、人も犬も一緒です。

    お布団自体が”呼吸する”と僕たちはよく言っているのですが、羽毛布団は自然に布団の中の空気の入れ替えができます。ワンちゃんがお布団に潜り込んで寝ても、うまく中の温度が調整されるから暑くなりすぎません。 どの素材に比べても一番蒸れにくく、睡眠の質が高まります。この機能面を考えて羽毛を選んでいるんです。

    ーなるほど!

    木村さん:
    実際に、ポリ100%と羽毛100%のお布団で実験してみたことあるんですよ!
    ワンちゃんがどっちを選ぶかなと見ていたら、やっぱり羽毛に乗るんですよ。ポリにも乗るんだけど、最終的には羽毛を選ぶ。快適なんでしょうね。

    キムラの布団でワンちゃんに心地よい睡眠と健康を

    ●ワンちゃんにも飼い主さんにも、安心安全を

    ーすごいですね!きっと羽毛布団の快適さを敏感に感じ取っているんですね。
    お布団に入れる羽毛に関してはどんなこだわりがあるのですか?

    木村さん:
    睡眠は毎日するでしょう。毎日体を預けるものだからこそ安心安全にこだわっています。

    羽毛は寒い国で発達しているので日本国内ではごく少数しか取れずほぼ輸入になりますが、輸入された羽毛の洗いはすべて国内でやっています。外国だと水の質が違うので、僕たちにとってはなじみのない匂いや成分が残ってしまうこともあります。 信頼できる国内の提携先で、綺麗な水でしっかり洗浄していますね。

    ー今回「ペット羽毛寝袋2wayタイプ Flids限定カラー」の発売にあたって、生地を選ばせていただきましたよね。色や素材のご相談にのっていただきありがとうございます。 たくさん生地のサンプルがあって驚きました!羽毛だけでなく生地にもこだわりがあるとおっしゃっていましたね。

    キムラの布団でワンちゃんに心地よい睡眠と健康を

    木村さん:
    やはり身体が一番接するところですから、生地もかなりこだわっていますね。

    赤ちゃん用商品でもよく見かけますが、ホルムアルデヒドが含まれないもの。そしてコットンなど自然素材のものを極力使用しています。
    そうするとどうしてもコストはかかってしまいますし、洗うとシワになりやすかったりもするんですけど、、、それでも安全担保を優先しています。 特にワンちゃんは人より体が小さいですから、有害物質への耐性も人より弱いのではと思うからです。

    ただ、生地や中身はシーンや使い方に合わせることも重要です。
    例えば今回コラボした「ペット羽毛寝袋2wayタイプ Flids限定カラー」は、片面がポリを含んだ撥水交換のある生地ですが、アウトドアをワンちゃんと楽しみたい方も増えてきていますから、撥水効果の生地を地面側にして使えばお外でも気兼ねなく使えますね。
    おうちで使い馴染んだお布団があればお外でもワンちゃんは安心できますし、快適さと安全を考えて作られたお布団だからいつでもどこでも飼い主さんにも安心していただけるんではないかな。

    中にいれる素材でいえば、例えば足に負担がかからないものがほしい場合、ポリエステルを混ぜたほうが足が沈まずハリのあるものを作ることができますね。

    僕たちはオーダーメイドでも人用・ワンちゃん用のお布団を作っています。安心して使えることはもちろん、中の素材や生地はライフスタイルや身体に合うものをご提案させていただいていますよ。

    キムラの布団でワンちゃんに心地よい睡眠と健康を

    ●お手入れは洗濯機で。いいものを長く使うメンテナンス体制も。

    ー安心安全をしっかり意識しつつ、使い勝手も考えて作られているのですね。
    使い勝手でいうとワンちゃん用布団はどうやってお手入れすればいいんでしょうか?羽毛布団は難しいようなイメージがあります。

    木村さん:
    僕たちのワンちゃん用羽毛布団は、ネットに入れて洗濯機でまるごと洗えるんです!だから気になったときにさっとお手入れできます。
    ちなみに、乾燥機までかけるのがおすすめですよ。

    ーそうなんですね、おうちでお洗濯できるとは!それに乾燥機もかけたほうがいいんですね、意外でした。

    木村さん:
    そうなんです。羽毛布団は濡れたままだと乾くのにもすっごく時間がかかっちゃいますから。それに羽毛が広がって持ちも良くなるので、乾燥機にかけるほうがむしろいいですよ。

    あと、僕たちは縫製工場からスタートした布団メーカーなんですが、人用のお布団を旅館や高級ホテルなどに卸してきました。つまりそれだけ耐久性に優れたお布団だということ。
    熟練した職人の裁縫などの技術によって、長く使える布団が生み出されています。

    また、傷んだ羽毛の入れ直しやファスナー壊れ、ワンちゃんが破いてしまった箇所を補修するなども個別にご相談にのっています。長く使えるので、「新しいのが欲しいけどまだ使えるから買い換えられない」とお客様に言われるほどです。笑
    個別相談に乗っているので時間がかかるかもしれないけれど、それでも応えていきたいです。

    ーおうちで洗濯できて、補修が必要なときは相談できる。
    いいものを長く使うことができる体制が整っているのは嬉しい!

    キムラの布団でワンちゃんに心地よい睡眠と健康を

    ●木村さんがワンちゃん用のお布団を通して叶えたいこと

    ーここまでお話を伺ってきて、お布団づくりへのこだわり、そして安心安全と質の良い睡眠を大切にされてることを感じました。
    特にこのワンちゃん用布団を通して、木村さんがどんな未来を実現しようとされているのかとても気になります。教えていただけますか?

    木村さん:
    そもそも僕は、ペットが大好きなんです。僕自身、生まれた時からそばに柴犬がいる生活だったので。今は猫ちゃんも飼っています。
    彼らは、言葉が通じなくても僕らを無償の愛で迎えてくれますよね。僕らを信頼してくれますよね。
    そこに僕は応えていきたい。その気持ちがすごく強いんですよ。きっと同じ思いの飼い主さんも多いんじゃないかな。

    だから、需要がある限り、作り続けますよ。儲けのために始めていたら、儲けられなかったらやめなきゃいけなくなるけど、スタートはそこじゃないですから。

    そして、ここ十数年で、ワンちゃんを取り巻く環境って大きく変わりましたよね。
    室内犬がぐっと増えて家族の一員という認識も広がってきました。同時にワンちゃんも長寿になってきています。長〜く生きることだけではなくて、楽しく、エネルギッシュに長く過ごせることが大切。だからこそ健康が大事で、その健康を支えるのが「質の良い睡眠」です。

    質の良い睡眠によって身体の免疫力を上げることができるし、身体の細胞が再構築されるのも睡眠時です。逆に睡眠不足になれば、酔っぱらいと同じ脳の状態と言われます。2,3手先のことを考えられるはずなのに1手しか考えられなかったりね。睡眠は健康につながっています。

    でもそれだけじゃなくて、ぐっすり眠れた翌日って、なんだか気分が良くないですか?あれやろうとか行ってみようとか、活力が湧いてくると思います。
    そういう気分、心の余裕、活力も超大事!

    人も犬も、それは同じだと思います。
    僕は質のいいお布団を提供して睡眠をサポートすることで、人も犬も活動の底上げをしたいんです。
    おやすみからおはようまでを僕たちがしっかりサポートして、さあ今日1日一緒に楽しもう!と思ってほしい。 そんな心身ともに健康で前向きな1日が増やれば、とってもいい人生、犬生につながると思いませんか。
    僕たちの寝具にはそんな思いがこもっています。

    そして、今の時代、忙しかったり情報が多かったりして心の余裕が持ちづらい世の中になっているなと思います
    だからこそ今、ワンちゃんの寝床のことを考えられる心の余裕のある世の中にしたいです。
    ワンちゃんとの生活は楽しいばかりじゃなく大変なこともあります。 家族の一員であるワンちゃんが虹の橋を渡る最後のときまで、人が心の余裕をもって責任を最後まで全うできるように。
    そのために僕たちは人にも犬にも、お布団を作り続けていこうと思っています。

    キムラの布団でワンちゃんに心地よい睡眠と健康を

    木村さん、貴重なお話をありがとうございました!

    思い、こだわり、技術が全てつまった株式会社キムラのお布団、自分自身にも愛犬にも欲しくなってしまいました。

    ●kimura kyoto pedding×Flidsコラボ
    「ペット羽毛寝袋2wayタイプ Flids限定カラー」新登場!

    これまでご紹介してきた株式会社キムラさんのペット用寝具ブランド、kimura kyoto peddingと私達Flidsがコラボし、限定カラーで羽毛寝袋を作りました。生地の撥水性や丈夫さと色味を吟味し、5パターンを制作中。

    「ワンちゃんのための羽毛布団商品ページはこちら」▶▶▶
    キムラの布団でワンちゃんに心地よい睡眠と健康を

    ★羽毛布団だから蒸れにくい

    質の良い睡眠の一番の敵が蒸れ!羽毛布団は布団が”呼吸する”から蒸れや布団内部が暑くなりすぎるのを防ぎ、質のいい睡眠をサポートします。

    ★愛犬の好みに合わせた使い方

    クッションとして広げて置いても、掛け布団としても、ファスナーをしめれば潜り込んで使うことも!ファスナーの締め具合は愛犬のお好みに合わせて。

    ★アウトドアでも活躍

    片面は撥水効果のある生地だから、それを地面側にして使えば汚れがつきづらいので安心。

    ●kimura kyoto peddingではワンちゃん用布団のオーダーメイドも!

    さらに株式会社キムラでは、体型や性格・眠り方など個性に合わせてオーダーメイドも可能です。
    お布団の柔らかさや色味など、オーダーメードしてみてはいかがでしょうか。もちろん飼い主様ご自身のお布団もオーダー可能です。

    kimura kyoto peddingページはこちら

    ドッグトレーナーやトリマーなど犬のスペシャリストがプロの目でこだわったペットグッズ、犬用品、ペット用品はFlids(フライズ)まで。 トレーニンググッズ、犬のおやつ、トリーツ、犬のごはん、フードなどを扱っています。大阪で犬のしつけ(ドッグトレーニング)、犬の美容(トリミング)、犬とのお出かけ(ドッグラン)を展開するFREEWAN(フリーワン)のオリジナルブランドです。

  • 2021年10月
    引っ張りトレーニング用ハーネス

    Flidsの運営会社FREEWANの「訪問しつけ」サービスをご利用の飼い主様に、よく買っていただける商品があります。それは「ひっぱりトレーニング用ハーネス」です。 お散歩中の引っ張り防止・予防の対策として考案された胴輪(ハーネス)で、正しく使うとお散歩中の引っ張りが軽減・予防され、しつけになります。

    例えば、乗馬をイメージしてください。

    手綱の操り方で乗り手の意図を馬に教え込み、障害ジャンプや歩行、速歩きなどの乗り手と馬の呼吸が合い高度な動きをします。 同様に、ワンちゃんにも日々の散歩や生活の中で歩く方角、とまれ、おすわりなどのタイミングを犬にしっかり伝えることで、一緒に楽しく安全に歩くための「しつけ・トレーニング」を行います。 Flids(フライズ)では、散歩時のワンちゃんの引っ張り防止に役立つ「ひっぱりトレーニング用ハーネス」を独自で考案しました。

    このハーネスにはリードをつけるジョイントが2つ付いています。一般的なハーネス同様背中と、もう1つ、ワンちゃんの首の右側の位置にも付いています。

    人の左側をワンちゃんが歩くトレーニングをしていらっしゃる方も多いと思いますが、ワンちゃんの首の右側に付いているジョイントにリードを繋ぐことで、ワンちゃんが引っ張って人より先に進んだときに、無理な力を加えなくても自然とワンちゃんの頭が人の方を向きやすくなっています。

    無理な力をかけずともワンちゃんの頭が自然と人の方を向き、アイコンタクトが取りやすくなることをうまく利用して引っ張りに対するトレーニングを進めていくのです。 ワンちゃんも覚えやすくとても便利なしつけ用ハーネスで、8の字タイプなので脇のこすれも安心して使用いただけます。

    ※引っ張りトレーニングを伸縮リード行うと、愛犬と飼い主様との距離感が不安定で効果的なトレーニングができない可能性があります。距離を適度な長さのリードで調整しながら、コントロールをしましょう。

    さらに、背中についているジョイントにリードをつなげば通常のハーネスとしても使用でき、こちらにつければワンちゃんが気ままに歩き回ることも可能。

    リードをつける位置を変えることで、道路で引っ張らず歩きたい時と公園などで走らせたい時とで使い分けが出来る2WAYです!

    しつけ・トレーニングの時間と自由に楽しむ時間のメリハリをつけて、お散歩時間をもっと楽しく、もっと快適に!デニム生地でおしゃれに♫

    2サイズ展開です。商品はこちらをご確認ください。

    引っ張りトレーニング用ハーネスを見てみる

    ※安全のため当ハーネスと首輪のどちらもを装着し、「おまもりくん」を使用してハーネスと首輪を繋ぐことを推奨しています。

    ドッグトレーナーやトリマーなど犬のスペシャリストがプロの目でこだわったペットグッズ、犬用品、ペット用品はFlids(フライズ)まで。トレーニンググッズ、犬のおやつ、トリーツ、犬のごはん、フードなどを扱っています。 大阪で犬のしつけ(ドッグトレーニング)、犬の美容(トリミング)、犬とのお出かけ(ドッグラン)を展開するFREEWAN(フリーワン)のオリジナルブランドです。

    引っ張りトレーニング用ハーネス
  • 2021年9月
    おまもりくん

    おまもりくんはFlidsがオリジナルで企画・開発した、愛犬の安全対策グッズです。

    Flidsでは、お散歩中の愛犬の安全のために「ダブルロック」を推奨しています。
    「ダブルロック」とは、外出時ワンちゃんに首輪とハーネス、もしくは2つ首輪を装着してもらうこと。そのそれぞれにリードをつけると、どちらかが首から抜けてももう一本が繋がっているので、逃走や事故を防げます。
    ただリード2本でのお散歩は、絡まりや扱いが大変。そこでこのおまもりくんで首輪とハーネスの間を繋げば、万一どちらかが抜けてしまってもリードと愛犬が離れることはありません。 人と犬とのより良い共存社会の実現を目指す「一般社団法人おいでやDOG協会」も推奨しています。

    うちの子は大丈夫!と思っていても、いつ何が起こるかわからないものです。
    聞き慣れない大きな音、見慣れないもの、地震など、何かが起こった時に突発的に走り出そうとしたり、足を踏ん張ったり、飛び上がったりして首輪やハーネスが抜けてしまい事故につながるケースがあとを絶ちません。 そしてそういうタイミングは、愛犬が興奮や恐怖でパニックを起こし普段通りの行動ができない場合がほとんど。フリーになってしまった愛犬を呼び戻すのは難しいことが多いでしょう。
    だからこそ愛犬を命を守るために、今日からダブルロック&おまもりくんの装着を!

    現在サイズは1つのみですが、大型犬用のサイズも開発中ですのでお楽しみに。

    おまもりくん商品ページへ

    ドッグトレーナーやトリマーなど犬のスペシャリストがプロの目でこだわったペットグッズ、犬用品、ペット用品はFlids(フライズ)まで。トレーニンググッズ、犬のおやつ、トリーツ、犬のごはん、フードなどを扱っています。 大阪で犬のしつけ(ドッグトレーニング)、犬の美容(トリミング)、犬とのお出かけ(ドッグラン)を展開するFREEWAN(フリーワン)のオリジナルブランドです。

    おまもりくん
  • 2021年8月
    Flidsのこだわり

    Flids(フライズ)は、主にワンちゃん向けのペットグッズブランドです。
    関西を中心に犬のスクールやトリミングサロンなどを展開するFREEWAN(フリーワン)が運営しています。

    飼い主様にもっと寄り添い、愛犬の心身の健康をかなえたい

    Flids(フライズ)を運営するFREEWANは、犬のしつけ・ドッグトレーニング、犬の美容・トリミングなどを通して年間数百頭の犬たちと飼い主様にご利用いただいています。 飼い主様からはしつけやカットのご相談だけでなく、愛犬の健康状態やごはんに関すること、パピー(子犬)からシニア(老犬)へ成長していく過程のこと、愛犬とのライフスタイルなど、愛犬の一生に関わる幅広いご相談を沢山いただいてきました。
    そんな飼い主様たちのご相談にもっと寄り添いたい想いを込めたのが、このFlids(フライズ)というオリジナルブランドです。

    犬のスペシャリストが集まっています

    Flids (フライズ)/FREEWANには、ドッグトレーナー、トリマーを中心に犬のスペシャリストたちが集まっています。 犬のしつけ・ドッグトレーニング、犬の美容・トリミング・ドッグエステ、さらには犬の健康の分野まで幅広い知識と経験を持ったスペシャリストたちが、プロの目で企画開発したアイテムや、吟味してセレクトしたアイテムをFlids(フライズ)で扱っています。
    アイテムを見る基準は、”愛犬の心身の健康につながるかどうか”。犬のスペシャリストたちがどんなことにこだわっているかをご紹介します。

    Flids(フライズ)のこだわり

    ・食品

    おやつ・トリーツ、ごはん・フードなどの食品は、実際に愛犬の身体を作る重要なもの。最近はアレルギーを持つ犬も沢山います。 だからこそ、ヒューマングレードなものを選んでいます。どんな添加物を使用しているかは勿論、原材料は農薬を多くかけられて育ったものかどうか、何の肉が使用されているのか、どんな製造方法で作られているのかなどにも注目をしています。

    ・トレーニングアイテム

    愛犬の心身の健康をかなえるためには、愛犬と人との間にある程度ルールを作ることが必要だというのが私たちの考えです。 そのために犬のしつけやドッグトレーニングがありますが、しつけにおいては人が伝えたい意図をしっかり愛犬にも伝えることと、愛犬の身体に負担をかけすぎないことが重要です。

    だからこそその2点をバランスよく取り入れられるアイテムを企画またはセレクトすること、そして耐久性や素材などにこだわっています。そして、できるかぎり飼い主様が使いやすいものを、と考え、アイテムの使用動画なども今後更新予定です。 Flids(フライズ)で扱うアイテムのほとんどは実際にFREEWANの犬のスクールや訪問レッスンでも使用しています。通っていただいている飼い主様からご好評いただいているものばかりです。

    その他にも、愛犬の健康をサポートするもの、愛犬と飼い主様の新たなライフスタイルを提案するものなど、今後も新アイテムを続々入荷予定です。
    愛犬の心身が健康に、そして飼い主様と愛犬がより良い関係を築いていけるよう、Flids(フライズ)はペットグッズを通してこれからもサポートしてまいります。

    ドッグトレーナーやトリマーなど犬のスペシャリストがプロの目でこだわったペットグッズ、犬用品、ペット用品はFlids(フライズ)まで。 トレーニンググッズ、犬のおやつ、トリーツ、犬のごはん、フードなどを扱っています。大阪で犬のしつけ(ドッグトレーニング)、犬の美容(トリミング)、犬とのお出かけ(ドッグラン)を展開するFREEWAN(フリーワン)のオリジナルブランドです。

    Flidsのこだわり

カテゴリ一覧